挫折をせずに続けられる産後ダイエットの方法

産後のおなかのたるみの解消法

産後におなかの周りの皮下脂肪のたるみが気になっている女性は珍しくありませんが、健康的にダイエットをするうえで、身体への負担を考慮しながら減量法を選ぶことがポイントです。

例えば、ストレッチやマッサージ、フラフープなどの方法は、初心者であっても気軽に始められることはもちろん、費用が掛からないといったメリットがあります。

独学でこうした方法に取り組む場合には、減量効果を感じるまでに時間が係ることもあるため、書籍やDVDなどを参考にしながらコツをつかむことがおすすめです。

また、皮下脂肪が溜まりやすいパーツを確認しておくことで、ダイエットの優先順位をつけることが効果的です。

ダイエット外来で産後太りを解消しよう

産後太りの悩みを解消するため、各地の病院やクリニックに設置されたダイエット外来に通っている女性が増えています。

医療の力を頼りにしてダイエットに取り組むことによって、健康的に様々なパーツの皮下脂肪を解消できることはもちろん、全体的にスリムな体系を目指すことも可能です。

また、消化器科などの専門医の指示を受けながらダイエットのための治療法を選んだり、管理栄養士に食事の献立を考えてもらったりすることもおすすめです。

ダイエット外来で専門的な治療を希望するにあたっては、治療法の種類によって健康保険を利用できないことがあります。

そのため、長くダイエットを続けたい場合には、各地の医療機関における治療費用の相場をあらかじめ調べておくと良いでしょう。

妊娠中についた脂肪は、産後出来るだけ早く落としたいものです。実は産後はダイエットのチャンスです。産褥期から産後6か月までが痩せやすいと言われています。産後ダイエットは産後6か月までの間に始めましょう。